天然水を飲むならペットボトルとウォーターサーバーどっちが安くてお得?メリットは?


photo credit: vincentvds2 DSCF0184 via photopin (license)

手軽に天然水が飲めるウォーターサーバーですが、市販のペットボトルとどちらが安いのでしょうか?

ウォーターサーバーにも天然水が飲めるものとそうでないRO水のものがありますがここでは天然水のものと、市販のペットボトルの天然水とどちらがお得に利用できるのか、お水の値段だけでなく電気代や買い物コストまで比較してみました。

ペットボトルとウォーターサーバー、それぞれのメリット・デメリット

まず、結論から。料金的な部分です。

料金に関しては断然市販のペットボトルの天然水を買ったほうが安くなります。

これは当たり前でペットボトルの天然水は飲むだけですがウォーターサーバーは温水・冷水機能がありますし、天然水を宅配してくれるので当然料金的には高く付きます。

とは言ってもペットボトルの天然水とウォーターサーバーの天然水の『水単価』はどれくらい違うのでしょうか?

ペットボトルの容量の500mlと2Lで換算してみました。

※ペットボトルの価格は「サントリー南アルプスの天然水」「コカ・コーラいろはす」のAmazonでの価格を参考にしています。2017年1月時点での価格

※ウォーターサーバーは天然水が飲めるブランド「フレシャス」「コスモウォーター」の最安値の水の価格を参考にしています。2017年1月時点での価格

500ml換算 2L換算
南アルプスの天然水 約84円 約106円
いろはす 約50円 約249円
フレシャス 約78円 約157円
コスモウォーター 約79円 約158円

Amazonでの価格である(通販)、セット価格である(24本・6本)ということなので一概には言えませんがだいたいこれくらいの価格差になります。

どのウォーターサーバーの業者もお得感を出すために500ml換算した料金をアピールしています。ペットボトル水の場合500mlボトルの天然水の方が割高になるからです。

自動販売機で天然水の500mlペットボトルを買うと110円〜130円します。しかし、2Lボトルをスーパーで買うと70〜90円程で買えてしまいますよね。

大量に購入する場合は2Lのペットボトルをスーパーや通販で買うのが一番安いということになります。

しかし、ウォーターサーバーにもメリットがあります。

先程も触れましたが、「温水・冷水」が使えるという点、「買い物」をしなくて良いという点が主なメリットです。
温水・冷水はペットボトルと比べようがありませんが、「買い物」の観点で比べるとウォーターサーバーの便利さは圧倒的です。
通販でペットボトルを買うならどちらも宅配ですので同じですが、スーパーなどで毎回お水を買っている場合は見えないコストがかかっています。

重い水を運ぶ労力や時間です。

これは思いの外相当なコストになっています。

時間はお金よりも貴重な資産ですので「時間を買う」という意味ならウォーターサーバーの方がお得でしょう。
もっとも、通販を利用するのであればその限りではありませんが。

photo credit: matthiaswerner via photopin (license)

電気代は?ウォーターサーバーとケトルを使った場合の比較

ケトルの一般的な電気代ですが1L沸かすのに約3.38円です。

1日に2L沸かすとして6.76円。それが30日で202.8円です。
ウォーターサーバーの場合は電気代が安いもので月に330円〜(フレシャス デュオ)というものがあります。

ウォーターサーバーは冷水の機能もあるのでハッキリと比較はできませんが、それでもケトルを使ったほうが安く済みそうです。

ウォーターサーバーは贅沢品?

こうしてみてみるとウォーターサーバーは贅沢品のように思えます。
もちろん、絶対に必要なものではありません。

ではどういったご家庭で使用しているのでしょうか?
やはり多いのは『赤ちゃんがいるご家庭』です。

赤ちゃんのミルクを作るのにウォーターサーバーがあるとものすごく便利なんです。

いちいちお湯を沸かす必要も、買い物に行くひつようもありませんから。

あとはよくお水を飲む方で、買い物が面倒な方やサッと飲めるというポイントを重視している方です。

安さばかりを重視するとペットボトルで十分という結果になりますが、それを言い始めたら水道水で十分です。

安さばかりを気にするのではなく、生活を豊かにするかどうかというポイントで判断するときっと後悔することはありません。

余談ですが、「高いブランド物」のバックや洋服が欲しいとします。
ですがバックや洋服なんてユニクロのものでも十分かっこ良くて使えます。

でも高いブランド物を身に付けることで気分が上がってやる気が出たり、なんとなく嬉しい気分になったりします。

それでいいと思うんです。

だから安さばかりに気をとられることなく、自分にとって何が最良なのかを判断したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です