光熱費・通信費を見直してもっと効率よく節約しよう

光熱費や通信費って意外と見直す機会がない・・・無駄な出費になっていることも

光熱費や通信費は、どうしても必要なものです。ただ、だからといって、節約できないと諦めていませんか。
もし、そう思っている方がいたら、ぜひ諦めないでください。
光熱費や通信費は、節約できない費用ではありません。
削れるところがあるかしら、という視点で内訳を細かく見ていくと、もう少し削れそうな部分が見えてくることが多いものでもあります。
例えば、今契約している電力会社やガス会社、スマートフォンの通信会社、インターネットのプロバイダなどを見直すと、同じようなサービス内容でも、もっと安く提供してくれる会社がある場合も多いものです。
また、自分も利用できる割引を見逃している場合もあります。まずは、ご自身が今使っているものをチェックしなおしてみる事から始めてみてはいかがでしょうか。

電気代の見直しも。電力自由化の時代です

例えば、電気代。電力会社を自由に選べるようになったことをうまく利用して、もしご自分のライフスタイルに合ったサービスをしている会社があれば、思い切ってそちらに変えてみるという方法があります。
また、契約しているアンペア数を減らすと、基本料金が安くなります。
それから、電気の使用量自体を減らす努力も、節約には有効です。
例えば、照明をLEDに変えてみたり、省エネ家電に変えたら電気代が安くなった、といった事例も多いようです。
また、「早寝早起きの生活に切り替えたら、無駄な電気を使わなくなり電気代が安くなった」という方もいらっしゃるようです。電気は使っただけ料金が発生しているのだ、という意識を強く持つと、ダイレクトに節約に結びつくかもしれませんから、ぜひ意識改革から始めてみましょう。

ガスと電気、どちらがお得?

停電の時には、ガスがあると安心ですね。しかし、ガス代は意外と高い、と
感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
調理器具など、ガスから電気に変えてみたらかなり光熱費が安くなった、という声も良く聞きます。
お住いの地域や物件によって事情も異なりますし、停電時のこともあるので一概には言えませんが、もし、あまりにガス代が高すぎる、と感じていて、家を購入したりリフォームしたりする予定の方でいらっしゃるなら、調理器具や湯沸かし器など、電化することを検討するのもひとつの節約術かもしれません。
最近では、個人宅でも太陽光発電のための設備を整えることが割と手軽にできるようになってきました。
省エネは、エコにもつながります。
エコに関心がある方ならなおさら、一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です