ハンドクリーム使いきりや、お湯でタオル長持ち、大根はて実は安い?の3本節約術

ハンドクリームをきれいに使い切る節約術

チューブ入りのハンドクリームは、残りが少なくなると出にくくなります。
そんなときにはチューブの蓋を開けて、凹んでいるチューブを外側から整えます。
チューブの中にいっぱい空気が入った状態で、蓋を閉めます。
そして底の方を指でしっかりと摘まんで、ブンブンと振ります。
すると中のクリームが、チューブの口の方へ集まってきます。
これで一週間程度はまだ使えます。
それでも中身が出てこなくなったら、ハサミでチューブを横に三分割します。
まずは真ん中の筒についているクリームを使います。
その次に底の側についているクリームを使います。
そしてチューブの底の側を、口の側のチューブに被せて蓋にします。
そうすれば容器の蓋の側についているクリームを、ゆっくりと使うことができます。これでまた一週間は使えます。

熱湯煮沸でタオルの寿命が3倍に?

タオルを使い込むと、カビが出てきてピンクになったり黒い斑点ができたりします。
生地は傷んでいないのに、カビのせいで使えなくなることがあります。
そんな時には、大きな鍋に粉せっけんと水を入れて煮立て、タオルを煮洗いすると、キレイになります。
沸騰してからニ十分程、菜箸で動かしながら洗います。
火から下ろして、冷ましてから普通に洗濯して干します。
このようにすると、タオルの寿命が三倍くらいになります。
そして生地が傷んだり、洗濯のしすぎでゴワゴワになってしまったら、雑巾にします。
家庭でタオルの雑巾を作るのなら、切りっぱなしで、一回から数回使ったら捨てるほうが、手間がかからず合理的です。
古い肌着などの衣類も切って雑巾にすれば、雑巾が足りなくなることは、あまりありません。
これで雑巾を作る手間暇も節約できます。

グラムあたりなら安い!大根で節約!

野菜の値段が上がったり、お金がないときには野菜を買うのが大変です。
そんなときには大根を食べます。
大根も値上がりすることがありますが、高くても一本がせいぜい250円程度です。
大根は一本で1キログラムほどあります。
大根と同じ量の野菜を買うことを考えれば、安上がりです。
大根があれば大根の煮物のほか、みそ汁の具、酢の物(大根なます)などが作れます。
千切りにすればサラダができるので、レタスが高いときに重宝します。
大根に葉が付いていれば、細かく切って炒め物にします。
葉がなくても茎が少しでもついているなら、切り刻んでサラダやみそ汁の彩りに使います。
大根の皮は千切りにして、二時間程天日干しにします。
それをキンピラにすれば、皮独特のエグミが少なくなり、美味しく仕上がります。
煮物とみそ汁、酢の物とサラダ、そしてキンピラと五品のおかずを、たった一本の大根で作ることができます。
仮に全て違う野菜で作ったら、野菜代は数倍になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です